看護師

眼科を利用して緑内障を予防しよう|目の健康ガイド

視野が狭くなったら要注意

微笑む女の人

定期検査が最も大切

40代以上の日本人の5%が緑内障にかかっていると言われています。しかし自覚症状がない人も多く、放置したため失明に至ることもあります。急性の緑内障には頭痛やめまいが伴いますが、通常は何十年もかけて、ゆっくりと症状が進んでいくのが特徴です。緑内障にかかると視野が少しずつ失われていき、目が霞んだり視力が低下したりします。白内障と違って、手術しても視力が回復することはありません。できるだけ早く治療を始めることが、失明を防ぐ唯一の手段と言えます。検査には眼に空気を吹き付けて眼圧を計る方法や、特殊なカメラで眼底を検査する方法などがあります。早期発見すれば症状の進行は食い止められるので、定期的に検査を受けることが大切です。

痛みの少ないレーザー治療

緑内障の治療には主として目薬を用います。症状に応じて何種類もの薬があり、場合によっては複数の薬を組み合わせて使用します。内服薬もありますが、副作用が出ることもあるため、慎重に用いる必要があります。薬で改善しない場合には、眼球を切り開いて房水を排出させる手術を行ないます。手術の方法も年々進歩していますが、一度で完全に治るとは限りません。また手術は緑内障の進行を止めるためのもので、失われた視野は戻りません。近年ではレーザーで眼球に小さな穴を開ける手術も行なわれています。痛みがほとんどなく、日帰りでも可能なため人気があります。ただしどんな症状にでも使える方法ではありません。適切な治療法は、医師と話し合って決める必要があります。